ウソ!沖縄

人気記事ランキング

ホーム > 健康水準 > 健康水準などについて

健康水準などについて

健康水準などについて勉強をしました。健康問題には、世界規模で流行する感染症や薬物問題などのように、一国の努力だけでは解決しないものがあります。また、開発途上国のなかには、自分たちの力だけではなかなか国民の健康状態を向上できない国も存在します。これらの問題を解決するために、WHOなどの国際機関が活動しています。また、NGO(非政府組織)は、民間ならではのすばやく小まわりのきく特徴を生かして難民救援、医療協力、あるいは開発途上国での保健衛生指導などの活動で、国がおこなう援助の手の届きにくい部分を補っています。出生前から乳幼児にかけては健康診査や保健指導などの母と子に関する保健活動が、幼稚園から大学までの児童生徒などに対しては健康診断や予防接種などの保健活動が、また職場や地域においては働く人や住民を対象とした検診などの保健活動が、展開されています。健康状態をはかるものさしを健康指標といい、これではかられた健康の程度を健康水準といいます。健康水準をみれば、その集団が抱えている健康課題がみえてきます。わが国の健康水準がどのような状況にあるのかは、平均寿命や乳児死亡率などの健康指標からみえてきます。

足のむずむず治療